So-net無料ブログ作成

新横浜駅にて・・・ [時事]

所用で、新大阪駅からの帰路、京都駅を過ぎて女性乗務員が検札に来た。
環状線のJR駅から160円で切符を購入後新大阪駅で新幹線のぞみの切符を購入。
いつもは往復を購入していたので、一枚の切符が乗車券・特急券を兼ねる。
今回は片道購入のため、乗車券と特急券の二枚になっていた。
女性車掌から返却された一枚の切符に、何らの疑問も持たなかった。
新横浜駅改札出口で、事件が発生。
切符を改札に挿入してもバーが開かない。
機械が故障だと思って無理に通り抜けようとしたら、女性駅員(小森美佳)に制止される。
夜の9時23分、帰路を急いでいたので無視したら
男性職員に制止される。
奥まで容疑者のような扱いで連行されて、乗車券を探せと言う。
私は、駅長を呼ぶよう依頼。
30代の若い助役(赤坂広視)が来た。
私が乗っていたのぞみの女性職員と連絡を取って確認するまで
帰すわけには行かないという。
こちらは領収書を提示して切符購入を証明したが
切符がないと、規則で私を改札口から出すことは出来ないと言う。
50分後、のぞみの車掌と 連絡が取れ
8号車の床に私の乗車券が落ちていたことが判明。
「行っていいです。」
赤坂広視助役の言葉に、私は自分の耳を疑った。
JR東海の乗務員がミスをして乗車券を返却しなかったため
無実の私は夜の10時迄、新横浜の駅に拘束されたのだ。
しかも、一言の謝罪も無い。 
私は通常は穏やかな人間だが、この様な不当な行為に対しては
我慢が出来ない。
赤坂広視助役の顔面を鉄拳制裁したい衝動に駆られた。
しかし、自分の手を汚す事もないと思い改札口を出た。 
 

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

2012-2-22思い出 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます